新鮮を届けるため、365日を一生懸命に。 | SEIYU

日々、野菜と向き合う生産者の姿。

BACKGROUND

野菜の見えざる鮮度を伝える

SEIYUは、24時間・365日、新鮮な野菜を届けるため産地直接契約の生産者との結びつきを大切にし、品質と鮮度のさらなる工場に努めている。また、長期に渡る関係を深めることで、次世代の若い生産者へとしっかりつなぎ、日本の農業の未来にも貢献している。しかしながら、店頭で並ぶ野菜ではそのような価値が視覚化できず、必ずしもお客に伝わっているとは言えない課題がある
WHAT WE INVENTED
そこで畑から野菜が収穫される瞬間と、その野菜を生み出す生産者のありのままの姿を伝えることで、新鮮さの本質的な価値を描いた。WEBサイトでは、それぞれの野菜生産者の思いを伝えるインタビューや、農家ならではの視点で紹介する野菜レシピなどを紹介している。