ANA | IS JAPAN COOL? MUSEUM IN THE CLOUD

アジア最大の広告賞Spikes AsiaのDigital Craft部門でグランプリとBronzeを受賞。更に世界3大広告賞One ShowやWEBのアカデミー賞と言われるWebyy Awardsでも多数の部門でFinalistに選出された。IJC MUSEUMは「世界中、いつでも、どこでも、誰でも」日本のアートに触れられる、アート鑑賞体験をアップデートするバーチャルミュージアム。日本を代表する7名の現代アーティスト草間彌生、天明屋尚、名和晃平、池田学、束芋、小畑多丘、Nerholが参加。建築家の監修の元で美術館そのものを設計し、まるで本当に訪れているかのような360°の臨場感を感じることができる。立体の作品は3Dスキャンされた上でデジタル空間に再構築され縦横無尽な角度での鑑賞を可能にした。