ペルー政府観光庁として日本市場初のブランディングプロモーション「意外性大国ペルー」公開

ペルー政府観光庁として日本市場初となるブランディングプロモーション「意外性大国ペルー」を猿人|ENJIN TOKYO が担当しました。ペルーには、想像もつかないような凄まじいまでの絶景や魅力が数多くあるにも関わらず、日本ではまだあまり知られていません。そして意外と短期間で、高額でなくとも旅行できることも知られていません。こうした誤解を解き「いつか行きたい」から「こんど行きたい」国にするため、ペルーの魅力を凝縮したワード「意外性大国ペルー」をコンセプトとして開発し企画を設計しました。
 
美しい映像や音楽だけの観光映像ではなく、旅行意欲を喚起し実検討を促すため、フィクションではないリアルなペルー旅行を映像化することを追求。多様な側面・旅程を訴求するため、演出が異なる別個の映像”両A面ブランドムービー”を2作同時で撮影・制作しました。それぞれの映像で異なるインフルエンサーを旅の主人公とし、TOV(=Tourist Of View/旅人視点)での展開、一週間で旅程が組めるロケーションに限定した構成は共通にしながら、コントラストが際立った2作に仕上げることで、より多くの方々に興味を持って頂くことが狙いです。
  
それぞれの映像は、下記URLからご覧頂けます。

https://enjintokyo.com/works/peru-branding/