京都大学オンライン公開講義 “立ち止まって、考える”開催

京都大学によるリアルタイム双方向授業としてオンライン無料公開する講義シリーズ 「京都大学オンライン公開講義 “立ち止まって、考える”」シーズン2の企画・プロデュースを担当しました。

京都大学オンライン公開講義 “立ち止まって、考える”
https://ukihss.cpier.kyoto-u.ac.jp/2313/

本講義シリーズでは、コロナパンデミックに直接間接に関連する内容の特別講義を通じて、アフターコロナ の社会を見据え、広く、深く考えるための視座を社会に提供します。

京都大学の11名の教授たちが、コロナパンデミックを共通のテーマに据え、毎週土日にYouTubeとTwitterでライブ配信のオンライン講義を実施。誰でも申し込みなしで、無料でスマホやPCで参加することができる。YouTubeライブのチャット機能を通じた双方向の講義スタイルで、受講者とともにコロナパンデミックを論じ、新たな時代を生きるためのヒントとなる「座標軸」を社会に提供する教育プログラムとなっている。人文・社会科学分野で蓄積された知を、社会に向かって開き、課題解決へのビジョンを提示することを目指している。

YouTubeチャンネル:講義アーカイブ
https://www.youtube.com/channel/UCIEFeMhUfTbeIvVWX8ZUaJQ
詳細は、下記URLからご覧頂けます。
https://enjintokyo.com/works/kyoto2/