京都大学オンライン公開講義 “立ち止まって、考える”

京都大学によるリアルタイム双方向授業として全世界にオンライン無料公開する講義シリーズ 「京都大学オンライン公開講義 “立ち止まって、考える”」を 2020 年 7 月 4 日(土)より実施いたします。本プロジェクトの企画・プロデュースを猿人|ENJIN TOKYOが担当しています。

京都大学オンライン公開講義 “立ち止まって、考える”
https://ukihss.cpier.kyoto-u.ac.jp/1669/

本講義シリーズでは、コロナパンデミックに直接間接に関連する内容の特別講義を通じて、アフターコロナ の社会を見据え、広く、深く考えるための視座を社会に提供します。

このシリーズでは、7 月 4 日からの毎週土曜・日曜に、全 11 名の京都大学の教授陣が、それぞれ 1 時間程度のオンライン講義を行います。講義は YouTube ライブ, Twitter ライブを通じてリアルタイム配信 され、どなたでも申し込みなしに無料で視聴することができ、さらにコメントを通じて質疑応答に参加するこ ともできます。複数回にわたって専門トピックを深堀りする連続講義と、コロナ後の社会への提言を各教員が ストレートに伝えるリレー講義を開講します。

名 称:京都大学オンライン公開講義 “立ち止まって、考える”
期 間:2020年7月4日(土)〜 毎週土日開催

配信メディア: YouTube ライブ 京都大学人社未来形発信ユニット
(https://www.youtube.com/channel/UCIEFeMhUfTbeIvVWX8ZUaJQ)
Twitter ライブ 京大・人社未来形発信ユニット(https://twitter.com/ukihss)
形 式:1シリーズ講義(同教授による複数回開催の講義)
2リレー講義(毎回別の教授が講義を行う 1 回完結の講義)

講義名・講師:
<シリーズ講義>
・哲学 - 自己とは何か:「われわれとしての自己」とは(出口康夫 教授)全 5 回
・環境史 -「災害」の環境史:科学技術社会とコロナ禍(瀬戶口明久 准教授)全 5 回
・倫理学 - パンデミックの倫理学 (児玉聡 准教授) 全 5 回
・地域研究/メディア学 - メディアとコミュニティ―東南アジアから考える(山本博之 准教授)全 4 回

<リレー講義>
・人類学(人間・環境学研究科教授 岡真理) 
・文化心理学(こころの未来研究センター教授 内田由紀子) 
・臨床心理学(こころの未来研究センター教授 河合俊雄) 
・公共政策(こころの未来研究センター教授 広井良典) 
・現代社会論(こころの未来研究センター特任教授 佐伯啓思) 
・認知神経科学(こころの未来研究センター准教授 阿部修士) 
・映画学(文学研究科教授 ワダ・マルシアーノ)